泣いてチンピラ 長渕剛

「泣いてチンピラ」は長渕剛の17枚目のシングル曲である。

アルバム『LICENSE』(1987年)からのシングルカット、オリコンチャートでは最高位9位となっている。

泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ
泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ

明けても暮れても喧嘩でパクられ イキがった
花の都に憧れて 飛んで来た逸れ鳥
のがれ のがれて 破れた襖にもたれて
流す涙をひとつなめた
ああ友情 愛情 人情 何かが足りねえ
ああ膝を抱え 全てぶっ壊した夜
Woo woo woo…

ずらかっちまった方が ましだと考えた朝
紙コップの味噌汁をかじれば 天井が笑う
裸電球 ぶら下がった部屋で
忍び泣いてる女は なお哀しくて
ああ爪を噛んで 強くお前を抱きしめた
ああ吹いてきたぜ 臆病風が吹いてきた
Woo woo woo…

六尺足らずの五尺のやせこけた体で
刺せば監獄 刺されば地獄の腐った街で
どうせかなわぬ はかない夢なら
散って狂って捨て身で生きてやれよと
ああ背中丸め 声を殺し 思いきり
ああ泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ

#泣いてチンピラ#長渕剛